ブログ

6/13(木)大阪出張ヨーガ

「腰が決まれば、心も決まる!」

腰痛の解消法と予防法もお伝えします。

6/13(木)大阪・常光円満寺特別ヨーガ講座 

3回シリーズ「只管打坐への道」

第2回「臍輪(せいりん)~腰椎編」

只管打坐とは「背骨を立てて坐る」こと。

臍輪と腰椎を共調させて背骨を立てれば、

身体は活力に満ち、

息は鎮まり、

心は至福に満たされます。

「臍輪」はプラーナ(生氣)を集める最大のバッテリーです。

臍(へそ)を中心に胃から下丹田にかけての領域を臍輪(マニプーラ・チャクラ)と呼びます。

臍輪は72000本あるプラーナの道(ナーディー)が交わる交差点です。

背骨を立てた時、道が通り臍輪に最もプラーナが集まります。

臍輪にプラーナが満ちれば、身体が満足して息は鎮まり、心も鎮まります。

「腰椎」は背骨全体のレプリカです。

「背骨を立てる」とは「背骨を長くする」こと。

五本ある腰椎は1番2番を上向きに4番5番を下向きに伸ばすことで最も長くなります。

腰椎が長くなり、カーブが緩やかになると腰への負担も少なくなり、安楽に坐れます。

アーサナで、腰を脚裏と共に伸ばして柔軟性を取り戻し、

足腰をつないで鍛えて長い背骨を維持する強さを養います。

呼吸法はナーディーショーダナ(交互呼吸法)で太陽と月のエネルギーを臍輪に満たします。

更に喉と会陰を締めるバンダの技法でエネルギーを凝縮して臍輪に集めます。

「臍輪~腰椎」による満ち足りた静けさをどうぞ!

 

6/13(木)大阪・常光円満寺特別ヨーガ講座

3回シリーズ「只管打坐への道」

第二回「臍輪~腰椎編」

 

日 時  6月13日(木)

     12:30~16:30(開場12:00)

会 場  常光円満寺(大広間・延命閣3階)

     大阪府吹田市元町28−13

     吹田駅徒歩5分

     https://www.enmanji.com/

参加費  5,000円(講座資料付)

懇親会  3,000円(自由参加・要予約)

講 師  新開春樹

持ち物  動きやすい服装・敷物(バスタオル等)

申込み  090-6120-3049

E-mail  https://a-anandayoga.com/inquiry/

主 催  アーナンダ・ヨーガ