ブログ

ブログ

「中央の道を通す」

薬師寺三尊像

11/4(祝・月)「太陽と月のヨーガ」

現在ヨーガを習っておられ、更なるレベルアップ

を目指す方にお勧めの講座です。

「太陽と月満ちて、中央の道目覚める」

奈良の薬師寺に有名な三尊仏があります。

正面向かって右に日光菩薩

正面向かって左に月光菩薩

中央に薬師如来が並びます。

この三尊仏は、密教の観点から見ると

私たちの身体を流れるエネルギーの

主要な3つのルート(道)を象徴しています。

背骨の右・陽のエネルギーを司る

ピンガラー(太陽の道)

背骨の左・陰のエネルギーを司る

イダー(月の道)

背骨の中を通るスシュムナー(中央の道)

背骨の前の中央の道にエネルギーを通して

悟りを目指すのが密教の本義であり、

釈尊も菩提樹の下で中央の道にエネルギーを

通して中道の悟りを実現しました。

ハタ・ヨーガも純粋な密教であり、

全て背骨の中のスシュムナー(中央の道)

にエネルギーを通すためのシステムです。

ただし、この中央の道にエネルギーを

通すためには、必要な条件があります。

それは、陰陽の道、

太陽と月の道にエネルギーを通すこと。

太陽と月の道が活きてくることで、

真ん中の中央の道も活きてきます。

まさに三位一体。

この3つの道を活かす最大のポイントは

3つの道が交わる交差点にあります。

「太陽の道」と「月の道」と「中央の道」

が一つに交わる場所が2カ所あります。

それが、尾骨(ムーラダーラチャクラ)

と眉間(アジュナーチャクラ)です。

今回は、太陽と月のバランスを調えると共に、

この大事な尾骨と眉間も同時に開発していきます。

そして、最後は太陽と月と中央の3つの道

全てに九回式呼吸法でエネルギーを通します。

ヨーギ達は言います。

「背骨にプラーナ(生氣)が通る時、

人は至福を味わう」

背骨の中央の道にエネルギーを通す、

ハタ・ヨーガの源点を体感してみて下さい。

★一日ヨーガ講座(春樹)

「太陽と月のヨーガ」

日 時  11月4日(祝・月)

     11:00~17:00(開場10:30)

参加費  8,000円(要予約)

懇親会  3,000円(自由参加・要予約)

会 場  新橋・スペース銀の鈴(6F)

持ち物  動きやすい服装

     敷物(バスタオル等)

     軽食・飲み物(昼食休憩あり)

お申込み  こちら